投資日記 注目銘柄
FC2ブログ

注目銘柄

2015年4月29日(水)



3687 フィックスターズ

4月28日大引け後(17:45)に業績・配当修正を発表。15年9月期第2四半期累計(14年10月-15年3月)の連結経常利益を従来予想の2.4 億円→3.9億円(前年同期は2.6億円)に62.8%上方修正し、一転して51.0%増益見通しとなった。
上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の4.5億円→5億円(前期は4.3億円)に12.1%上方修正し、増益率が3.7%増→16.2%増に拡大し、従来の5期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。
同時に、期末一括配当を従来計画の12円→14円(前期は12円)に増額修正した。
また、東証1部昇格の可能性も取り沙汰されている。

2438 アスカネット

15年4月期内の量産体制確立を目指してきた空中結像を可能にするプレート(AIプレート)において、ガラス素材のプレートは現在β版の製作に取り掛かっており、順調にいけば今夏から秋にかけて量産が開始できる見込み。一方、樹脂素材のプレートは試作品の製造手法とは全く異なる新しい方法にトライしており、生産技術のみならず素材から開発。現時点で完全に技術課題が解決したとはいえず、結像品質や生産コストなどの認識は完全にはできていない。量産に向けての正確なスケジュールを示すことは困難だが、今秋から冬にかけての量産開始を目標としている。また、「ギフトネットコム」のサービスを終了。「ギフトネットコム」に関するソフトなど事業用資産について減損損失7700万円を計上。

3666 テクノスジャパン

4月21日、同社の関連会社でビッグデータ事業を展開するテクノスデータサイエンス・マーケティング(以下:TDSM)が、ZMPと資本提携すると発表。ZMPは自動 運転技術やセンシングソリューション技術を保有しており、TDSMの解析技術とZMPの製品開発技術のシナジー効果で、新たなソリューション製品の開発を 行う。
ZMPは非上場企業だが、同社の持つ自動運転技術は各企業からの関心も高く、ソニー<6758>や米インテルなども出資する注目企業。今後両社はロボット化されたさまざまなモノから得られるビッグデータを、TDSMのデータ解析技術によって活用する新たなソリューション製品を開発する。
テクノスジャパン<3666>は現在ビッグデータ事業を第2軸として推進中。関連会社のテクノスデータサイエンス・マーケティング(TDSM)が人工知能(AI)製品「Scorobo」 を提供、さらにNLP機能を搭載した人工知能製品「Netbase」の総代理店でもあり、AIラインナップを充実させていくようだ。15年3月期の期末配 当は1株当たり45円の計画で、予想1株当たり利益56.06円に対し80%以上還元する計画。さらに、2017年3月期までの3期間に亘って、同80% 以上の株主還元策の継続を打ち出している。


取引なし


FX

ユーロ円

4月の為替市場では、ユーロ円相場は 126-131円台で推移した。ECBの量的緩和やギリシャ情勢の先行き不透明感から、ユーロは引き続き脆弱な地合いだが、その量的緩和が16年9月末ま でで打ち切られる可能性が先行き意識されるに連れて、底固めへと徐々に移行していくとみられる。

予想レンジ

2015年4-6月 120.00-135.00
2015年7-9月 120.00-140.00
2015年10-12月 125.00-150.00
2016年1-3月 125.00-150.00


取引なし

コメントの投稿

Secre

プロフィール

sh0909

Author:sh0909

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる